スマートスピーカーで家電を操作する方法を調べた(nature remo & google nest/home 使用)

ぼくです。先日、キャンペーンで割引されていた、画面付きスマートスピーカー google nest hub を買いました。最初はフォトフレームとして使っていたのですが、スマートリモコンを買い足して家電の操作ができるようにしてみました。

スマートスピーカーとは?

テレビCMでもよくみかける「OK, GOOGLE」「アレクサ」「Hey, Siri」のように話しかけて、質問に答えてくれるスピーカーです。スマホの Siriやgoogleアシスタントの機能と似たようなものだと思ってください。

ぼくの文章力が貧弱なので伝わらないかもしれないので、google 公式の動画を貼っておきます。スマートスピーカーにはディスプレイありのものと、なしのものがありますが断然ディスプレイがあるほうが使いやすいと思います。

動画の中で、「家電の操作もこの一台で!」と、言っていますが、実際には家電操作はスマートリモコンと組み合わせないとできません。(そんなことCMでも言ってないし、ガジェット紹介youtuberの動画でも触れられていなこともあり、誤解してました)

ということで、スマートリモコンを買いましょう。

スマートリモコンとは?

家電のリモコンの代わりに赤外線を飛ばすための機器です。スマホやスマートスピーカーと組み合わせて使います。温度、湿度、明るさ、人感センサーなどが付いていて自動的に家電を制御することができるモデルもあります。互換性や品質がとても重要なので、有名な製品だけ紹介しておきます。

スマートリモコンはスマートスピーカーがなくても使えますが、やはりスピーカーと組み合わせると格段に使い勝手が向上します。

スマホだけでも、外出先からエアコンを付けたり、いくつもの家電のリモコンをスマホだけで操作するということはできます。もちろんスマホのsiriやgoogleアシスタントで操作も可能。

Nature スマートリモコン Nature Remo Remo-1W2(2nd Generation)

nature remo という製品の場合、スマホがこんな感じでリモコンになります。

学習機能があるので、どんなリモコンにでも対応可能です。

google nest hub と スマートリモコンをつなぐ

Google Nest Hub Chalk チョーク 7型 スマートディスプレイ グーグル ネストハブ GA00516-JP スマートスピーカー

google nest の操作は google home アプリから行います。詳しいやり方は公式ページで分かりやすく説明されているのでここでは割愛します。以下のリンクをご参考に。

Google Homeと直接連携して家電を操作する

https://nature.global/jp/smart-speaker/google-home/direct-actions

家族みんなで使うとうまくいかなくてはまりました。google アシスタントでは Voice Match というユーザーの声を特定してユーザーごとにカスタマイズされた動作を行う機能があります。とても便利ですが、家電を操作する設定を行うと、自分以外の人が使えないことに気づきました。ユーザーごとに設定を行わないといけないようです。また、google アシスタントの ルーティンでコマンドの言葉を登録していったのですが、言葉によってはうまく認識してくれなくて、”youtubeを起動したり”、”google検索の結果を表示したり”、と意図しない挙動をして困っていました。

調べたところ、IFTTT(イフト) というアプリを使って、ルールを細かく設定していくと思い通りに家電を操作することができました!最初は難しいのかと思っていましたが、実際やってみるとIFTTTアプリを入れてルールをポチポチ入力していくだけでした。おかげで、「7チャンネルにして」「テレ東にして」「録画して」、などの自分の好きな言葉で操作することができるようになりました。詳しくは下記の別エントリで。